JAL、国内初、機内インターネットサービスを7月23日から開始…2016年度までに77機

航空 企業動向
国内線JAL SKY NEXTで機内インターネットサービスを開始
  • 国内線JAL SKY NEXTで機内インターネットサービスを開始
  • 国内線JAL SKY NEXTで機内インターネットサービスを開始
  • 国内線JAL SKY NEXTで機内インターネットサービスを開始
日本航空(JAL)は、日本の国内線で初となる機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を、7月23日から羽田~伊丹線、羽田~福岡線、羽田~函館線の一部の新仕様機材「JAL SKY NEXT(JALスカイネクスト)」運航便に導入する。

機内インターネットサービスは、先行導入した新機内インテリアとあわせて、「ひとつ先のスタンダード」をテーマに、国内線で、より快適な過ごし方を提案するもので、機内の乗客と地上とのシームレスなつながりをサポートする。

機内エンターテインメントは、乗客自身のスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末で、ビジネス番組などの映像コンテンツ、JTBパブリッシングの協力による観光地情報(SKYるるぶ)などが無料で閲覧できる。

映像コンテンツについては、サービス開始時点では4つの番組を提供、今後、番組内容と番組数を充実させる。

機内インターネット接続サービスは、米国gogoの衛星接続サービスを利用し、日本の国内線で初めて機内インターネットサービスを提供するもの。乗客が持つ無線LAN対応端末から、インターネット、Eメール、SNSなどを利用できる。サービスは有料で、時間制プランの場合、30分間400円。

JALでは今後、2016年度にかけて、国内線のボーイング777/767/737型機の合計77機を順次改修し、機内インターネットサービスを拡大する計画。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース