エンジンオブザイヤー2014、BMWが8部門中2部門を制す…排気量別

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
新型BMW 3シリーズセダン
  • 新型BMW 3シリーズセダン
  • MINIのジョン クーパー ワークス(JCW)シリーズ
英国のUKIPメディア&イベント社は6月25日、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2014」を発表した。排気量別の8部門では、BMWが最多の2部門を制している。

この賞は車の心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、2014年が16回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界34か国の82名のジャーナリストが投票を行い、最高のパワーユニットを決定した。

インターナショナルエンジンオブザイヤー2014では、排気量別に8部門を設定。1.0リットル以下、1-1.4リットル、1.4-1.8リットル、1.8-2.0リットル、2.0-2.5リットル、2.5-3.0リットル、3.0-4.0リットル、4.0リットル以上、となる。

8部門のうち、最多の2部門を制したのは、BMW。1.4-1.8リットル部門で、MINI用の1.6リットル直列4気筒ターボ、2.5-3.0リットル部門で『3シリーズ』や『5シリーズ』などに積まれる3.0リットル直列6気筒ターボが選出された。

受賞を受けて、BMWグループは、「2つのエンジンはスポーティなパフォーマンスと優れた効率性を併せ持つ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集