ボーイング、B747ファミリーの累計生産が1500機を達成…ワイドボディ機で過去最多

航空 企業動向
ボーイング、747の累計生産が1500機を達成(出典:ボーイング)
  • ボーイング、747の累計生産が1500機を達成(出典:ボーイング)
  • ボーイング、747の累計生産が1500機を達成(出典:ボーイング)
  • ボーイング、747の累計生産が1500機を達成(出典:ボーイング)
ボーイングは、累計1500機目となる747を製造したと発表。特別記念ロゴが付けられた、747-8インターコンチネンタルの完成セレモニーも開催された。

1500機目となる747はルフトハンザ・ドイツ航空向けの747-8インターコンチネンタルで、長距離路線に投入される予定だ。

ワイドボディ機で累計1500機を達成したのは747が初となる。747シリーズは、一目で認識できる形状が特徴、「ジャンボ」の愛称で乗客の人気も高い。

ルフトハンザ・ドイツ航空は2012年4月に、747-8インターコンチネンタルのローンチ・カスタマーで、最初の機体を納入している。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース