エアバス、民間航空機の受注が70機、納入が55機…5月

航空 企業動向

エアバスは、5月の民間航空機の受注は70機だった。航空会社、航空機リース会社からA320ファミリーを受注した。

シンガポールのタイガーエアが、アジア太平洋ネットワークを拡充するため、A320neo(ニューエンジンオプション)を37機発注した。ロイヤル・ブルネイ航空は、ブルネイ主要都市を結ぶリージョナルネットワークを拡充するため、A320neoを7機発注した。

タイガーエア、ロイヤル・ブルネイ航空ともA320ceoを運航しており、A320neoを発注したのは今回が初めて。

また、デルタ航空は、老朽機の代替としてA321を15機発注したほか、BOCアビエーションがA320ceoを3機、イージージェットがA320ceoを2機、Z/Cアビエーション・パートナーズがA319が2機、ニュージーランド航空がA320ceoを1機、AWASがA321を1機それぞれ発注した。

一方、5月の引き渡しはA320ファミリー、A330、A380の3機種合計で55機だった。内訳はA320ファミリーが45機、A330が6機、A380が4機。このうち、A380はブリティッシュ・エアウェイズ、エミレーツ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、アシアナ航空の4社。これでA380を運航する航空会社は11となった。

2014年1~5月の累計引き渡しは64の航空会社に248機となった。

受注残は5514機。A320ファミリーが4256機、A330が254機、A350が812機、A380が192機。前年5月末の受注残は4928機だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集