【JNCC 第4戦】渡辺学、快勝のワケはスペシャルマシンにあり!?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

圧勝の渡辺学
  • 圧勝の渡辺学
  • 506台の盛況であった
  • 渡辺学VS鈴木健二のシーズン
  • 苦渋を飲んだ鈴木健二
  • 2014年JNCC第4戦 鈴蘭
  • 2014年JNCC第4戦 鈴蘭
  • 2014年JNCC第4戦 鈴蘭
  • 2014年JNCC第4戦 鈴蘭
6月8日、日本最大のクロスカントリーバイクレース、JNCCの第4戦が飛騨高山に近い岐阜県鈴蘭高原スキー場にて開催。最高地点で標高1400mを超える同会場は、閉鎖されているスキー場であることから路面はかなり荒れており、それだけに野生味あふれる走りごたえが味わえる。また、御嶽などアルプスを間近に感じられるワイドな眺望は、同シリーズのなかでも随一。関東圏・関西圏からのアクセスは決していいとは言えないものの、今回も506台ものライダーが集まった。

最高峰クラスのAA1は昨今ではチャンピオン鈴木健二と、そのライバルである渡辺学が実力ではぬきんでており、実質二人のマッチレース。それを若手の矢野和都、小林雅裕、出口隼飛らが死にものぐるいで追い越そうとしている状況である。今戦も、まさに渡辺がスタート直後から飛び出し、鈴木が出遅れるものの、1周目後半には二人が合流してバトルに。これを矢野が全開で追いかける序盤戦であった。

渡辺は、今季の主力マシン4ストロークのYZ250Fで参戦する予定であったが、前日に2ストロークのYZ125に変更。コースを下見した結果、ガレ場での扱いやすさなどに軽量な2ストロークのほうが戦闘力を感じた、とのこと。スキー場ベースのフィールドではパワー不足になるケースが多いが、渡辺は排気量を144ccまでスープアップしておりその点を補っている。

マシンの仕上がりも順調であったのか、中盤には鈴木を振り切り圧倒的なペースで鈴蘭を優勝。前戦はペナルティで1位から4位への転落を喫した渡辺に、勝利の女神が微笑んだ。2位は鈴木。

排気量制限のあるAA2では3年ぶりに復帰を果たした元チャンピオン澤木千敏が猛威をふるったが、小坂竜也がバトルを制して2勝目をマーク。登竜門であるAクラスは若手の五天翔が悲願の初優勝を遂げた。

次戦は7月13日、熊本県阿蘇の特設会場での開催。JNCC史上でも類を見ないハイスピード、ビッグロケーションの同コースが3年ぶりに復活する。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集