京王井の頭線、6月9日から恒例のアジサイライトアップ…東松原駅構内

鉄道 企業動向

京王は6月9日から、恒例となっている井の頭線東松原駅構内のアジサイライトアップを実施。写真は昨年の様子
  • 京王は6月9日から、恒例となっている井の頭線東松原駅構内のアジサイライトアップを実施。写真は昨年の様子
  • 京王は6月9日から、恒例となっている井の頭線東松原駅構内のアジサイライトアップを実施。写真は昨年の様子
  • 京王井の頭線沿線には2万6000株を超えるアジサイが植えられており、毎年6月は沿線に色とりどりの花が咲き誇る
京王電鉄は6月9日から、井の頭線の東松原駅(東京都世田谷区)構内で恒例となっているアジサイのライトアップを行う。同社がこのほど発表した。毎年沿線利用者の目を楽しませているアジサイのライトアップは2001年から行っており、今年で13回目。

ライトアップを行うのは、東松原駅構内の上り線側斜面。9日から27日まで、19時~21時30分にかけて行う。期間内は電車1編成にヘッドマークを掲出して運行する。ライトアップの期間は、開花状況に応じて変更となる場合がある。

京王は1990年以降、雨による斜面の崩壊防止と沿線の景観を目的に、井の頭線の線路際で植栽を積極的に推進。なかでもアジサイは2万6000株超が植えられており、東松原駅構内をはじめ同駅~明大前間、西永福~浜田山間、久我山~三鷹台間などが「アジサイの見どころ」として知られている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集