中国LCC 「春秋航空」、関西空港の中国路線を大幅拡充…2路線を新規開設と増便

航空 企業動向

春秋航空のエアバス A320型機
  • 春秋航空のエアバス A320型機
  • 春秋航空の関空路線          赤字が今回の路線
  • 運行スケジュール
中国のLCCである春秋航空(9C)は、2014年7月より、関西空港からの中国路線を大幅に拡充する。

関西=天津線、関西=重慶線の2路線を新規に開設し、また、週7便で就航中の関西=上海線を週10便に増便する。就航機材は、エアバスA320型、座席数は、エコノミークラスで180席となっている。

今回の路線拡充により、春秋航空は、関西空港と上海、武漢、天津、重慶の4路線に就航し、計週21便を運行することになる。なお、武漢、天津、重慶の3都市路線は関西空港にとっても新規直行路線となり、関西空港における中国路線は計21都市となる。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集