東海道新幹線N700A、無線LANでニュースやアニメなど提供の実証試験

鉄道 企業動向

JR東海とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム、日本テレビ放送網は5月29日、東海道新幹線東京~新大阪間でコンテンツ閲覧サービス「N700コンテンツラウンジ」の実証試験を実施すると発表した。

同線で運用されているN700Aに情報配信用のサーバーを設置。スマートフォンなどの無線LAN機能により、インターネットを経由せず映画や電子書籍、鉄道運行情報などを見ることができる。各種コンテンツは電通などの協力により提供する。

試験期間は6月1日から9月30日まで。N700Aの5編成を使用し、東京~新大阪間で実施する。試験を実施する列車は当日、車内放送などで案内する。対応端末はスマートフォンとタブレット、パソコンだが、動画コンテンツはパソコンでは閲覧できない。SSID「N700-Free-Contents」に接続後、初回利用時に年代、性別、職業、メールアドレスを登録すると利用できるようになる。

提供コンテンツはニュースや映画、紀行・バラエティ、アニメ、コラム、雑誌、書籍、コミックで、ニュースは「日テレNEWS24」「YOMIURI ONLINE」「every.特集」を提供。その他、「秘密結社鷹の爪 THE MOVIE~総統は2度死ぬ~」や「Railway Story クロアチア鉄道の旅 ザグレブ~スプリト」、「伝説巨神イデオン『富野監督×細田監督』対談」なども提供する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集