IHI、福島県相馬市と群馬県富岡市に航空機エンジン用部品工場を新設

航空 企業動向

IHIは、相馬事業所(福島県相馬市)とIHIエアロスペース(IA)の富岡事業所(群馬県富岡市)に国内初となる航空機エンジン用複合材部品の専用工場を新設すると発表した。

相馬事業所の新工場は2階建てで、延床面積が約6000平方m。エアバスが開発中の次世代航空機A320neoに搭載される航空機エンジン「PW1100G-JM」向けの構造案内翼(SGV)を2016年下期から製造する。

IAの富岡事業所に新設する「第3工場」は、同じくエアバスA320neoのエンジンPW1100G-JMなどのファンケースを製造する。工場の延床面積は約5200平方mで、2014年下期から生産開始する。

新設する両工場ともIHIとして初となる複合材部品の専門工場で、複合材の積層・切断から成形・接着・塗装といった工程を1つのラインで行う。これにより通常、量産化が難しいとされていた複合材部品のリードタイムを大幅に短縮し、量産化を実現したとしている。

IHIでは今後も、航空機エンジン向けに新素材や新技術を開発して、航空機エンジンの燃費改善に貢献するとともに、航空機エンジン事業の拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集