欠航相次ぐLCC 太田国交相「大変遺憾」

航空 行政

太田国交相(参考画像)
  • 太田国交相(参考画像)
太田昭宏国土交通相は23日の閣議後会見で、LCCの欠航発表が相次いでいる問題について「多くの多大な影響を与えたことについて、大変遺憾に思っている」と述べた。

要因の1つとなっているパイロット不足について太田国交相は「世界的にパイロットを奪い合う状況にあり、パイロットの確保が非常に大事な課題だ」と述べ、短期的な対策として、自衛隊の経験者採用、外国人パイロットの採用、パイロットの健康管理などをあげた。

さらに国交相は「中期的には、育成により力を注ぐことになる。利用者のLCCへの期待は非常に大きいので、実態の掌握と対策について力を注ぎたい」と意欲を示した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集