【北京モーターショー14】フォード エスコート…中国専用車として12年ぶりに復活[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
  • 長安フォード エスコート(北京モーターショー)
米国の自動車大手、フォードモーターは北京モーターショー14で『エスコート』の市販バージョンを初公開。中国専用車ではあるが、後継モデル『フォーカス』の登場以来12年ぶりに復活した。

上海モーターショー13に出展されたコンセプトカーを踏襲し、ボディサイズは全長2687×全幅1820×全高1487mmとした。ホイールベースは2687mmで、同社のグローバルCプラットフォームを使用している。

エンジンは1.5リットル4気筒ガソリンエンジン「Ti-VCT」が搭載され、5速、6速のマニュアルトランスミッションが組み合わされる。

この新型エスコートは、フォードモーターと長安汽車との合弁会社「長安フォード」で現地生産され、中国市場に投入される。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集