電子制御エンジン搭載「キング・バトン・ルージュ」 三井造船が引き渡し

船舶 企業動向

三井造船は、千葉事業所で5万6000重量トン型ばら積み貨物運搬船「キング・バトン・ルージュ」を完成し、リベリアのレプタシッピング社に引き渡した。

新造した船は、160隻を超える引き渡し実績を持つ、三井造船のベストセラー『5万6000トン型ハンディマックス・バルクキャリア(三井56)』をベースに、優れた推進効率と低燃費性能を高めるため、電子制御エンジンの採用に加え船体形状を最適化した新船型エコシップ「neo 56BC」の3番船となる。

同船は4基のクレーンを装備した5ホールド(貨物艙)の汎用バルクキャリアで、56BCの使い勝手を踏襲。全長190メートル未満で、国内外の港湾に配慮した汎用性を確保し、石炭や鉄鉱石、小麦、大麦、大豆をはじめ、多様なばら積み貨物に対応可能。長尺物やホットコイルなどの半製品の輸送にも対応する。

船首と船尾には、新開発の省エネ船型を採用し、平水中の抵抗推進特性、波浪中の耐航性や操縦性にも配慮している。長さ、幅ともにこのクラス最大級のハッチ開口を持つ。

主機関にはMARPOL NOx排出規制(Tier II)を満たした新型電子制御エンジンである「三井-MAN B&Wディーゼル機関6S50ME-B9.3」を搭載し、幅広い出力域で低燃費性能を実現。加えてSOx排出規制強化にも配慮し、ECA(排出指定海域)内の航行に対応できる低硫黄燃料油専用のタンクを持つ。

なお、同船は国際船級協会連合の共通構造規則(CSR)を適用している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集