中国からのパンダ2頭、マレーシアに到着 6月から公開予定

エマージング・マーケット 東南アジア

中国からマレーシアに貸与されたジャイアント・パンダ2頭が、21日午前8時に無事マレーシアに到着。受け入れ先の国立動物園ズー・ネガラのパンダ舎に入った。

マレーシアに来たのは、メスの「フェンイー(鳳儀)」とオスの「フーワ(福娃)」。パンダのレンタルは、2014年の馬・中国交樹立40周年の記念として両国間で合意したもの。馴染みやすいようにマレーシア名を一般募集しており、ナジブ・ラザク首相が近く発表する。

ズー・ネガラによると、パンダ舎は6月から一般公開する予定。公開時間は午前9時から午後5時。反響が大きい場合には、公開時間を午後6時まで延長する。

パンダ舎の入場には別途料金がかかる。大人が20リンギ、子供およびシニアが10リンギ、身体障害者は無料となる。最初の1年で50万人の入場が見込まれている。
マレーシア天然資源環境省は、パンダ2頭が10年間の長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム」(MM2H)を取得したことを明らかにした。フェンイーとフーワは、動物として初めてのMM2H取得者となった。
(ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月21日、ベルナマ通信、5月20日)
広瀬やよい