ジェイテクト、中国テクニカルセンター新社屋が完成

自動車 ビジネス 海外マーケット

捷太格特科技研発中心(無錫) 外観
  • 捷太格特科技研発中心(無錫) 外観
ジェイテクトの中国テクニカルセンター 捷太格特科技研発中心(無錫)(英語名:JTEKT Research&Development Center(Wuxi):JRDC )の新社屋が竣工し、江蘇省無錫市にて社屋披露式を行った。

新社屋披露式には、地元無錫市政府関係者をはじめ、海外を含む自動車および産業機械関係のお客様をお招きし、式典と合わせて試作、実験設備などの見学会を実施した。

同社は1995年に中国に初めて現地法人を設立して以来、現在中国では、生産拠点(軸受6拠点、自動車部品8拠点、工作機械1拠点)、テクニカルセンター2拠点を有している。

2010年5月に設立した中国テクニカルセンターであるJRDCはステアリングシステム、軸受・駆動商品の技術検討、試作及び実験を通じて、商品提案を行い、顧客の困りごとの解消支援をしてきた。

JRDCの資本金は、1億8357万元(24億円相当)で、投資比率は、ジェイテクト(中国)投資が95%、光洋ニードル軸受(無錫)が5%、敷地面積は3万3470平方m、メイン業務は、ステアリングシステム、軸受・駆動商品の技術検討、試作及び実験となっている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集