ひき逃げの18歳、直後にパトカー追突で御用

自動車 社会 社会

9日午後9時30分ごろ、北海道小樽市内の市道で、徒歩で道路を横断していた51歳の女性に対し、交差進行してきたワゴン車が衝突する事故が起きた。女性は軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後にパトカーへ衝突する事故も起こした18歳の少年を逮捕している。

北海道警・小樽署によると、現場は小樽市稲穂3丁目付近で片側2車線の直線区間。近くには横断歩道や信号機が設置された交差点がある。51歳の女性は交差点から外れた場所を徒歩で横断していたところ、交差進行してきたワゴン車にはねられた。

女性は打撲などの軽傷を負ったがクルマは逃走。約400m離れた小樽市色内1丁目付近の道道で路上に停車していたミニパトカーに衝突。この際の職務質問でひき逃げをしていたことも判明したため、運転していた同市内に在住する18歳の少年を道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

聴取に対して少年は「気が動転して逃げてしまった」などと供述しており、警察は事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品