マセラティジャパン、“成功の神殿”を支える三本柱とは

自動車 ビジネス 国内マーケット

マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティジャパン“成功の神殿”
  • マセラティジャパン代表取締役のファブリッツィオ・カッツォーリ氏
マセラティジャパンは9日、2014ビジネスレビューを開催。ビジネスが非常に好調であることをアピールした。

2012年、311台だった販売台数が、2013年では491台と58%の伸びで、非常に好調であった。同社代表取締役のファブリッツィオ・カッツォーリ氏は、この達成の理由を「事業戦略である、“成功の神殿”という考えをビジネスパートナーや、ディーラーと共有しているからだ」と話す。

神殿の基礎となるものはマセラティが持っているブランド価値だ。「そこを基礎として、神殿には3つの大きな柱がある。ひとつは、ディーラーのネットワーク。そして、商品。3つ目はブランドの認知だ。この3つの柱が支えることで、顧客満足が得られるのだ。これが最も基本的な成功への道筋だ」と説明。

カッツォーリ氏は柱のひとつであるディーラーネットワークについて、「2012年、ディーラー数は15であったものを、今年の末までには22店舗に増やす。つまり2014年には7つの店舗が加わり、既に2店舗はオープンしている」と述べる。

これらの店舗は、「現ユーザーの近く、あるいは、潜在顧客の近くに存在することになる。従って、マセラティを購入するユーザーは長い距離を移動せずに、近いところで顧客満足を得ながら、マセラティを楽しんでもらえることを目標にしている」という。

ディーラーネットワークが、顧客満足を高める方策のひとつとして、デイズダウンがあるとカッツォーリ氏。これは、「修理、補修、メンテナンスの際に、クルマを使うことが出来ない期間を指す。2011年には10.8日だったものが、2013年には5日に到達した。2014年は5日未満になるだろう」とし、クルマそのものの信頼性向上とともに、メンテナンス技術の更なる向上を目指していることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集