【WTCC 第4戦】シトロエン、開幕以来4大会連続で優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC 第4戦)
シトロエン・レーシングは、スロバキアリンク(スロバキア)で行われたFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)・レース1で1-2フィニッシュを飾り、開幕以来4大会連続で優勝を飾った。

今回もシトロエン『C-エリーゼ WTCC』に対し、性能調整による60kgのウエイトハンデが課せられていたが、予選ではホセ‐マリア・ロペスがトップタイムをマーク。セバスチャン・ローブが2番手、イヴァン・ミューラーが3番手と、前戦同様シトロエン勢が上位を独占した。

ウエットコンディションで行われたレース1では、ローブが絶妙のスタートを見せトップに立ち、ロペスがそれに続く。ローブ、ロペスの2台は3位以下を引き離すが、激しさを増した雨によりコンディションが悪化。5周終了時点でセーフティカーが導入された。

その後4周にわたりセーフティカー先導での周回が続いたが、状況はさらに悪化し、レースはそのまま終了。ローブは今季2勝目を挙げ、ロペスが2位となり、シトロエン C-エリーゼ WTCCが1-2フィニッシュを飾った。

その後スロバキアリンクは激しい雨と風に見舞われ、危険なコンディションと判断した主催者はレース2の中止を決定した。

シトロエンC-エリーゼ WTCCは開幕来4大会連続で勝利を収め、マニュファクチャラーズ選手権で首位を独走。ドライバーズ選手権でも1位ロペス、2位ローブ、3位ミューラーと、上位を独占している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集