【人とくるまのテクノロジー14】ヴァレオ、レーザースキャナー搭載車のデモ走行を実施

自動車 ビジネス 企業動向

ヴァレオは、5月21日から23日までの3日間、パシフィコ横浜で開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2014」に出展する。

また、特別企画展示コーナー「人と社会に優しい先進クルマ技術 ~2020年のモビリティ・カーロボティクスを体験しよう~」の屋内展示にて、ヴァレオのレーザースキャナー「SCALA」を展示するとともに、屋内展示の延長企画として、同スキャナーを搭載したデモカーの同乗体験を実施する。

「SCALA」は、車両前方をスキャンし、車やバイク、歩行者、静止物である木や停止している車、ガードレールなどを検知。このデータを基に障害物ごとに種類分けされた車両周辺マップを作成することで、車両や歩行者に対する緊急ブレーキ、自動回避等のアクティブセーフティー機能の向上、自動運転、自動駐車や渋滞時の自動追従などが可能になる。

当日は、デモカー走行中にレーザースキャナーで取得したデータを元に、車両周辺マップを作成する様子を画面上で実際に見ることができる。

そのほか、クーラント流量制御バルブ「THEMISバルブ」、車両用エアコン向け「水冷コンデンサー」、エンジンの小型化に寄与する「電動スーパーチャージャー」など、ヴァレオグループの新技術を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集