日産、今期営業利益は7%増の5350億円を予想

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車のカルロス・ゴーン社長
  • 日産自動車のカルロス・ゴーン社長
  • 日産・スカイライン「350 ハイブリッド タイプSP」
  • 日産マイクラ(日本名:マーチ)
  • 日産シルフィ
日産自動車は5月12日、2015年3月期の連結業績予想を発表した。販売増やコスト低減などにより営業利益は前期比7%増の5350億円を見込んだ。

グローバル販売は中国などでの順調な拡大を織り込み、5期連続で最高となる9%増の565万台を計画している。売上高は3%増の10兆7900億円、純利益は4%増の4050億円を予想した。

為替は1ドル100円と、おおむね前期並みの前提にしたが、アジア通貨安などにより550億円の営業減益に作用する。こうした悪化要因を販売増や購買コストの低減拡大などでカバーする。

横浜市の本社で記者会見したカルロス・ゴーン社長は「当社は(16年度までの)中期経営計画の達成に向けて非常に良い位置につけている」と足元の業績を評価。ここ2年は期中に業績の下方修正をしたものの「今期の予想はしっかりしたものになる」と、達成に自信を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集