スズキ鈴木会長「軽が売れない=小型車が売れる、は錯覚」

自動車 ビジネス 国内マーケット

スズキ・ハスラー
  • スズキ・ハスラー
  • スズキ 鈴木修会長
  • スズキ ハスラー
  • スズキ ハスラー
  • スズキ 鈴木修会長
スズキの鈴木修会長は5月9日に都内で開いた決算会見後、報道陣の囲み取材に応じ、国内市場について「軽自動車が売れなくなれば小型車が売れると考えている方がいるとすれば、それは錯覚、大いなる誤解だと思う」との考えを示した。

鈴木会長は「『ハスラー』はカワイイ、小さな、面白いクルマだから(良い)と20代、30代の女の子が言っている。あれが『グランド・ビターラ』みたいに大きかったら、かわいいとはならない、そういう面がある。また軽自動車が、飛躍的に性能が良くなったので、これで良いと思うようになっているのではないか」と述べた。

その上で「スポーツカーや高額車が売れている割合というのはそんなに凹んでいない。良いと思ったら買う。だから軽が売れなくなれば小型が売れるということにはならない」と指摘した。

また4月の新車販売で軽比率が45%を超えたことを引き合いに出して、「思い出すのは、軽のナンバープレートを黄色にする時に、僕らは猛反対した。『ああ、軽か』というふうにいわれてしまうから。でも今は逆に黄色にしてもらってよかった。『ああ、軽がこんなに多くなった』と思われるようになっている」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集