【GW】JAL利用実績、国際線の利用率が1.9ポイントアップの79.6%

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、ゴールデンウィーク期間(4月25日~5月6日)の利用実績を発表した。

国内線は提供座席数が前年同期比2.9%減の161万9232席に対して、旅客数が同1.4%減の109万9695人となった。利用率は1.0ポイントアップして67.9%となった。

方面別では、帰省需要、観光需要が旺盛な九州方面の利用率が前年を約5ポイント上回り好調だった。

国際線は提供座席数が同2.2%増の36万2225席に対して旅客数が同4.7%増の28万8495人となった。利用率は1.9ポイントアップの79.6%だった。

連休が昨年より短いものの、短期休暇でも観光できるハワイ、グアムなどのリゾート路線が好調に推移した。長距離路線も、新座席を導入した欧米路線が好調に推移し、国際線全体の旅客数、利用率を押し上げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集