金の取引価格がウクライナ情勢の影響により3週間で上昇

エマージング・マーケット インド・南アジア

ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、5日に金市場で空売りの買戻しが大量に発生した影響で、金の価格が3週間で0.4%上昇した。

4月15日に記録した1,308ドル50にセントに続く1,305ドル60セントの高値となったが、日本と韓国、ロンドン市場ではその流動性は低いと見られている。

ウクライナ南部オデッサでは2日、大規模な衝突によって40名以上が死亡した。

経済や政治の不安定な時期において、金は安定した資産と考えられているが、先週2日には米国の雇用統計の影響によって1,276ドル60セントの値を付け、
さらにその日の夕方にはウクライナ情勢の緊張の高まりを受けて1.3%の上昇を見せたとエコノミックタイムスは伝えている。
編集部

編集部おすすめのニュース