仙台駅の吹抜けコンコース、改修工事に着手

鉄道 企業動向

仙台駅の吹抜けコンコースの現状(左)と改修工事完成後イメージ(右)。工事期間は2015年3月までの予定。
  • 仙台駅の吹抜けコンコースの現状(左)と改修工事完成後イメージ(右)。工事期間は2015年3月までの予定。
JR東日本仙台支社はこのほど、仙台駅(仙台市)で実施している駅舎改修工事について、吹抜けコンコース天井の改修工事に着手した。

同支社によると、現在の吹抜けコンコースは仙台城の大広間をイメージして造られた格子天井だが、今回の改修で「歴史と伝統を継承する西口と、開発により未来を想わせる東口を『つなぐ』新たな格子デザイン」として再構築する。コンコースの大空間にそびえ立つ柱を活用して「温もりが感じられる空間」を構成するという。

工事期間は2015年3月までの予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集