コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に

エコカー EV

コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
  • コンバージョンEVはプライベーターもリチウム電池に
2014年5月3、筑波サーキットコース1000において、プライベーターの手作りEVによる走行イベント「Exciting GoGo! EV RACE 2014」が開催された。日本EVクラブと筑波サーキットが主催する、毎年のGW恒例のイベントだ。

集まったのは市販車をベースとするコンバージョンEVが8台とレーシングカートがベースのERK(エレクトリック・レーシング・カート)が7台。制作者は、日本EVクラブのメンバーであり、自動車大学校の生徒や自動車販売会社の有志などだ。

驚くのは、コンバージョンEVもERKも、大多数がリチウムイオン電池を搭載していること。鉛バッテリーを搭載するのはコンバージョンEVのうち1台、ERKで2台。今や、手作りEVを楽しむプライベーターの間では、リチウムイオン電池を利用するのは珍しいことではなくなっていたのだ。また、モーターに交流インダクションモーターを採用するクルマも3台ほどが存在していた。

イベントでは、コンバージョンEVとERKがそれぞれ30分の耐久レースを実施。ほとんどのマシンは、トラブルなく完走を遂げた。

また、イベントには、BMWi3を筆頭に、日産リーフ、ホンダ・フィットEV、三菱i-MiEV、三菱アウトランダーPHEVなどが用意され、参加者を乗せてのサーキット走行も行われた。さらに、日産リーフのオーナーなどが参加するEVオーナーパレードランも実施された。
《鈴木ケンイチ》