マルチ・スズキが第4四半期を終え二期連続で業績下降

マルチ・スズキの市場シェア率が昨年度第4四半期の不振に続き二期連続で下降した。エコノミックタイムスが伝えた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
マルチ・スズキの市場シェア率が昨年度第4四半期の不振に続き二期連続で下降した。エコノミックタイムスが伝えた。

これは諸経費と人件費にかかるコストが上がっているためで、さらに減税による販売店の補償が利益を圧迫している。同社では昨年同時期の売上124億ルピーに対して、今年は35.5%減の80億ルピーに落ち込んだとしている。

しかし今年マルチ・スズキは新たに3車種を発表する予定であるが、これが南米やアフリカ、中東への輸出を通して、2015年度の売上巻き返しに期待しているという。
編集部

編集部おすすめのニュース

  • マルチスズキの2013年度決算、純利益は16.3%増 画像 マルチスズキの2013年度決算、純利益は16.3%増
  • マルチ・スズキが自動車輸出で第2位地位を日産に明け渡す、一位は未だヒュンダイ 画像 マルチ・スズキが自動車輸出で第2位地位を日産に明け渡す、一位は未だヒュンダイ
  • マルチ・スズキ、M&M、タタ、ホンダなど、インド自動車メーカーが2014年に入って3度目の値上げを検討 画像 マルチ・スズキ、M&M、タタ、ホンダなど、インド自動車メーカーが2014年に入って3度目の値上げを検討
  • 4月のトヨタのインド販売、20.4%減…工場一時閉鎖の影響が長引く 画像 4月のトヨタのインド販売、20.4%減…工場一時閉鎖の影響が長引く