サントリーとTilaknagarがImperial Spirits社の買収に意欲

自動車 ニューモデル 新型車

日本の飲料メーカー、サントリーと、ブランデーのManshon Houseを販売しているTilaknagarが、ライバルであるImperial Spiritsの買収に意欲を燃やしているとエコノミックタイムスが伝えた。

Imperial Spiritsは南インドのコインバトールを本拠地とし、1億米ドル(約60億ルピー)の売上を誇る酒造メーカーである。

サントリーは当初、Radico Khaitanの株式のうち26%を持ち株とし世界最大のウィスキー市場に参入しようとしていたが、その対象をInperial Spiritsに変更し、会社全体を買収する計画にあると見られている。

サントリーの広報担当者はこの件に関してノーコメントとしている。
編集部

編集部おすすめのニュース