JAL、「機内サービス情報」Webサイトで多言語対応…10言語を追加

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、海外地区JALホームページ内の「機内サービス情報」について、日本語と英語に加え、新たに10言語でのサービスを開始したと発表した。合計12言語で閲覧できる。

これまで「航空券予約・購入」、「Webチェックイン機能」など順次多言語化を進めてきたが、「機内サービス情報」を多言語化することで、機内食や座席など、JALの機内サービスについてより多くの海外の顧客が母国語で情報収集できるようにした。

新たにサービスを開始した言語は、中国簡体字、台湾繁体字、香港繁体字、韓国語、タイ語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の10言語。

JALでは、今後も世界中の顧客に、より便利で快適なサービスを提供していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集