日本郵船、気象庁地球環境・海洋部などと波浪スペクトル観測データを活用して波浪予測精度向上の共同研究

船舶 企業動向

日本郵船は、MTI、気象庁地球環境・海洋部、日本無線と共同で、船舶による波浪スペクトル観測データを活用した共同研究を開始した。

日本郵船、MTIは2010年から日本無線と共同で、船舶用レーダーによって、複数の波が重なりあった、不規則な形の海上波を周波数(周期に相当)と進行方向別に表した波浪スペクトル観測装置の研究開発を進めてきた。今回ここで得られた観測データを活用し、気象庁とともに、波の高さや向きを予想するために使用する、海洋の数値を予報する波浪モデルの精度向上に寄与することを目的に共同研究を行うことで合意した。

気象庁は、日本沿岸と全世界を対象とした波浪モデルを使って波の高さ、周期や向きといった波浪の実況解析と予測を行っている。この結果と、波浪スペクトル観測装置で集めたデータを比較・検証し、波浪予測の精度を向上させていくことが共同研究の目的。

精度の高い波浪予測を実現することで、安全で省エネルギーの運航ルート選定が可能となる。日本郵船グループは、輸送サービスの向上を図るため共同研究を進めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集