【株価】富士重工が続伸…レヴォーグの予約受注が高水準

自動車 ビジネス 株価
スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
全体相場は反発。

円安、ウクライナ情勢の緊張緩和を背景に、寄り付きから買いが優勢。追加的な金融緩和政策に対する期待感も加わり、終日プラス圏の展開。ただ、欧米市場の休場で見送り気分が強かった。

平均株価は前日比98円74銭高の1万4516円27銭と反発。

自動車株は高安まちまち。

トヨタ自動車が52円高の5564円と反発。

富士重工業が44円高の2821円と続伸。新型スポーツワゴン「レヴォーグ」の予約受注が、発売予定を当初の5月から6月20日に延期するほどの高水準で推移している。

日野自動車が52円高の1491円と反発。マレーシアの新工場で中小型バス、トラックの生産を開始したと発表している。

いすゞ自動車が続伸し、マツダ、ダイハツ工業が反発。

一方、日産自動車が3円安の899円と続落し、4日ぶりの900円台割れ。

ホンダが32円安の32円安の3427円と続落。

スズキが8円安の2849円と反落。

こうした中、三菱自動車が1055円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

  • 【新聞ウォッチ】富士重工のアイサイト、新型「レヴォーグ」の発売にも”急ブレーキ” 画像 【新聞ウォッチ】富士重工のアイサイト、新型「レヴォーグ」の発売にも”急ブレーキ”
  • 【株価】ホンダが大幅続伸…インド市場でディーゼル車けん引し好調 画像 【株価】ホンダが大幅続伸…インド市場でディーゼル車けん引し好調
  • 【まとめ】レヴォーグ発表、スバル新時代担う新型スポーツワゴン 画像 【まとめ】レヴォーグ発表、スバル新時代担う新型スポーツワゴン

特集