国土交通省、次世代社会インフラ用ロボット技術・ロボットシステムを公募

自動車 社会 行政
国土交通省は、「次世代社会インフラ用ロボット技術・ロボットシステム」を公募すると発表した。

道路や河川などの社会インフラの老朽化対策、災害対応について、限られた人員や予算という制約の中、大量の施設点検を着実、効率的に実施し、自然災害や、トンネル崩落などの事故が発生した際、人が近づけない危険な場所で調査する必要がある。

国交省と経済産業省では、社会インフラの維持管理と災害対応に関して、効果・効率の向上のため「点検ロボット」、「災害調査ロボット」、「応急復旧ロボット」の技術開発・導入を推進するため、昨年12月、「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入重点分野」を策定した。

これを受け、新たに設置した「次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会」の5つの専門部会(橋梁維持管理、トンネル維持管理、水中維持管理、災害調査、応急復旧)で開発・導入促進のため取り組むべき事項を具体化するとともに、目標を策定した。

今回、維持管理と災害対応に役立つ技術として、現場検証・評価を行う技術を公募する。

対象分野は、橋梁・トンネル・水中(ダム、河川)の点検用ロボット技術とロボットシステム、災害調査・災害応急復旧用ロボット技術とロボットシステム。現場検証を通じ実用性の確認や、更なる向上が期待される実用化技術が対象で、3年以内に実用化が見込まれる技術。

公募期間は4月9日~5月28日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • デンソー、組織変更…ロボットおよび自動運転の開発強化 画像 デンソー、組織変更…ロボットおよび自動運転の開発強化
  • パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表 画像 パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表
  • 日立など、福島第一原発での燃料取り出し向けた調査用ロボットを開発 画像 日立など、福島第一原発での燃料取り出し向けた調査用ロボットを開発

特集