日本郵船グループ、北海道石狩市で出力2MW級太陽光発電システムが稼働

船舶 企業動向

日本郵船は、グループの郵船商事が北海道石狩市で出力2メガワット(MW)級の太陽光発電システムの稼働を開始したと発表した。

システムの発電量は一般住宅約700世帯分の年間電力使用量220万kWhに相当し、全量を北海道電力に売電する。

設計と施工は2013年6月に北海道八雲町に設置したシステムに続き北弘電社に発注した。前回のシステムと合わせて、道内で郵船商事が所有する太陽光発電システムは計4メガワットとなる。

また、郵船商事では現在1.5メガワット級の太陽光発電システムを北海道苫小牧市に建設する事業を進めており、2014年度中には道内で稼働する太陽光発電システムは計5.5メガワットになる予定。

郵船商事では今後、太陽光に加え、小型風力発電システムの設置を北海道で推進していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集