ダットサン、on-DO 発表…ロシア向け小型セダン

自動車 ニューモデル 新型車
ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
  • ダットサン on-DO(オン-ドー)
日産自動車の「ダットサン」ブランドは4月4日、ロシアにダットサンを投入すると発表するとともに、新型車のダットサン『on-DO』(オン-ドー)を初公開した。

on-DO は、4ドア5名乗りの小型ファミリーセダン。力強く、広々とした、現代的なモデルで、日本のDNAを継承し、品質や信頼性を約束。ボディサイズは、全長4377×全幅1700×全高1500mm。トランク容量はクラス最大級の530リットルを備える。

デザインは日本の日産グローバルデザインセンターが担当。開発はルノー日産の傘下にあるロシア・アフトワズのエンジニアチームが手がけ、生産はアフトワズのロシア・トリアッティ工場で行う。ダットサン車をロシア市場へ投入することで、ロシアはインドネシアに続き、ニッサン、インフィニティ、ダットサンの全3ブランドを販売する市場となる。

エンジンは1.6リットルガソリンで、最大出力87psを発生。価格は40万ルーブル以下となる予定で、今夏ロシア市場で発売される。当初はニッサンブランドのディーラー投資家が支援する25のダットサンブランドディーラーで販売。今後2年間で、さらに75店舗増やす計画。

「ロシアは現在、日産にとって世界で5番目に大きな市場。今後3年間で販売台数を3倍にし、市場シェアを倍増させる」と意気込むのは、日産のカルロス・ゴーンCEO。「ダットサンブランドは、ロシアでの全販売台数の3分の1を占めると予想。アライアンスパートナーのアフトワズの開発力、市場に関する知識、生産能力を活用することで、21世紀のダットサンのモデルラインナップを届けていく」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、ロシア工場での RAV4 生産を決定…生産能力を倍増の10万台へ 画像 トヨタ、ロシア工場での RAV4 生産を決定…生産能力を倍増の10万台へ
  • 三菱自動車、ロシア工場で パジェロスポーツ 生産開始 画像 三菱自動車、ロシア工場で パジェロスポーツ 生産開始
  • フォード エクスプローラー 新型、ロシアで生産開始 画像 フォード エクスプローラー 新型、ロシアで生産開始
  • VW グループ、ロシア工場が累計生産70万台…6年で達成 画像 VW グループ、ロシア工場が累計生産70万台…6年で達成
  • ヒュンダイ、ロシア累計生産50万台…2年半で達成 画像 ヒュンダイ、ロシア累計生産50万台…2年半で達成

特集