【AMAスーパークロス第9戦】ダンジー、インディアナポリス450SXクラスで大波乱のレースを制す

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ルーカスオイル・スタジアム
  • ルーカスオイル・スタジアム
  • 450SXクラスのスタート
  • ライアン・ダンジー
AMAスーパークロスの第9戦は3月1日、インディアナポリスのルーカスオイル・スタジアムに5万9919人の観客を集めて行われた。450SXクラスはレッドブル・KTMのライアン・ダンジーが波乱のレースに勝ち残り、ポイントスタンディングを大きく揺るがすこととなった。

450SXクラスのメインイベントは、スマートップ・モトコンセプツ・レーシングのマイク・アレッシがホールショットを奪う間に、チャンピオンシップでトップ争いを繰り広げるモンスターエナジー・カワサキのライアン・ビロポトとレッドブル・KTMのケン・ロクゼン、そしてヨシムラ・スズキのジェームズ・スチュアートがクラッシュするという波乱のスタートとなった。

イライ・トマックはアレッシに続き、ダンジーは4ラップ目にアレッシを交わしてトップに立つと、マージンを確保することに成功。トマックはアレッシと数ラップの間2番手を争っていたが、12ラップ目にアレッシがクラッシュし2番手をキープした。

一方、オープニングラップでクラッシュしたビロポトだったが猛烈な追い上げを見せ、結果的に4位でレースを終了することとなった。

「僕達にはこの勝利が必要だった。レーシングトラックは今夜、本当に荒れていたが、そこで勝利を得られたことは嬉しいね。僕は早いタイミングで前方に出て、良いペースをキープできた。今回はシーズンにおいて最もタフなレースの一つであったことは確かだね」とダンジーは語った。

尚、AMAスーパークロスの第10戦は、3月8日(土)にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催される予定である。

450SXクラス第9戦結果

1. ライアン・ダンジー(KTM)
2. イライ・トマック(ホンダ)
3. コール・シーリー(ホンダ)
4. ライアン・ビロポト(カワサキ)
5. ブロク・ティックル(スズキ)

450SXクラスクラスシーズン累積ポイント

1. ジェームズ・スチュアート(スズキ) ‐ 39
2. ライアン・ビロポト(カワサキ) ‐ 38
3. ジャスティン・バルシア(ホンダ) ‐ 38
4. ケン・ロクゼン(KTM) ‐ 37
5. ジャスティン・ブレイトン(ヤマハ) ‐ 31
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集