東葉高速鉄道の駅ナンバリングは「TR」

鉄道 企業動向
駅ナンバリングの表示例(左)と駅名標での表示イメージ(右)。アルファベットの「TR」は「Toyo Rapid(東葉高速)」を表している。
  • 駅ナンバリングの表示例(左)と駅名標での表示イメージ(右)。アルファベットの「TR」は「Toyo Rapid(東葉高速)」を表している。
東葉高速鉄道は3月3日、東葉高速線の全9駅に駅番号制(駅ナンバリング)を導入すると発表した。

アルファベットは「Toyo Rapid(東葉高速)」の頭文字を表した「TR」。数字は西船橋駅から順に付番し、西船橋駅が「TR01」、北習志野駅が「TR04」、八千代中央駅が「TR07」、東葉勝田台駅が「TR09」になる。

3月15日から順次導入する予定で、ホームの駅名標や路線図などに掲出する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 相鉄、駅ナンバリング「SO」を導入 画像 相鉄、駅ナンバリング「SO」を導入
  • 東葉高速鉄道「東葉快速」が消滅…3月ダイヤ改正で 画像 東葉高速鉄道「東葉快速」が消滅…3月ダイヤ改正で
  • 山陽電鉄の駅ナンバリングは「SY」…4月1日から 画像 山陽電鉄の駅ナンバリングは「SY」…4月1日から
  • 新京成電鉄、2月23日から「SL」導入 画像 新京成電鉄、2月23日から「SL」導入
  • 小田急、駅ナンバー入りの駅名標が登場 画像 小田急、駅ナンバー入りの駅名標が登場

特集