東京メトロ、北綾瀬駅ホームを10両編成対応に

鉄道 企業動向
現在の北綾瀬駅(上)と改良後の北綾瀬駅(下)のイメージ。ホームを延伸して10両編成に対応するほか出入口を二つ増やして3カ所にする。
  • 現在の北綾瀬駅(上)と改良後の北綾瀬駅(下)のイメージ。ホームを延伸して10両編成に対応するほか出入口を二つ増やして3カ所にする。
東京地下鉄(東京メトロ)は2月28日、千代田線北綾瀬支線の北綾瀬駅(東京都足立区)について、ホーム延伸工事と出入口の新設を行うと発表した。

北綾瀬支線は1979年、綾瀬駅と車両基地を結ぶ車庫線を活用する形で開業し、車両基地の手前に北綾瀬駅が整備された。同支線の旅客営業列車は3両編成の支線専用車両が使われており、北綾瀬駅のホームも3両編成のみ対応。代々木上原~綾瀬間で運転されている10両編成の列車は北綾瀬駅には停車しない。

今回のホーム延伸工事では、代々木上原方面への直通運行に向けた整備を行うため、現在の3両編成対応ホームを綾瀬方に約135m延伸して10両編成対応とし、同時に屋根とホームドアも延ばす。また、しょうぶ沼公園側と環状7号線北側にエレベーター付きの出入口を新設し、3方向から同駅を利用できるようにする。

完成は2018年度末の予定。東京メトロは2014年度中の工事着手を目指すとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 東武、野田線船橋駅に可動式ホーム柵…3月から使用開始 画像 東武、野田線船橋駅に可動式ホーム柵…3月から使用開始
  • 東京メトロとハノイ都市鉄道管理委、友好・協力の覚書締結 画像 東京メトロとハノイ都市鉄道管理委、友好・協力の覚書締結
  • 東京メトロ、非常用地上バッテリー装置による走行実験に成功 画像 東京メトロ、非常用地上バッテリー装置による走行実験に成功
  • まもなく消える銀座線の「非暖房車」 画像 まもなく消える銀座線の「非暖房車」

特集

おすすめのニュース