【ジュネーブモーターショー14】アルファロメオの小型スポーツカー、4C …スパイダー 登場か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

イタリアのアルファロメオが2013年9月、欧州で発売した新型スポーツカー、『4C』。同車に、オープン版のスパイダーが加わる可能性が出てきた。

これは2月25日、イタリアの自動車メディア、『0-100.it』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「アルファロメオがジュネーブモーターショー14において、『4Cスパイダー』をコンセプトカーとして初公開する」と伝えている。

アルファロメオ 4Cは、2シーターミッドシップの小型スポーツカー。排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは最大出力240ps、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは、デュアルクラッチの「TCT」。車重は895kgに抑えられ、 0-100km/h加速4.5秒、最高速258km/hのパフォーマンスを実現する。

4Cスパイダーは、クーペボディの4Cに追加されるオープンモデル。パワートレインはそのままに、「リトルスーパーカー」を標榜する4Cらしいパフォーマンスが追求されるもよう。

同メディアは、4Cスパイダーの予想スケッチを公開。同メディアは、「クーペと異なるヘッドライトとアルミホイール、カーボンファイバー製ロールオーバーバーが特徴になるだろう」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集