【ジャパンボートショー14】ヤマハ発動機、総合マリンメーカーとして幅広いマリンレジャーの世界を提案

船舶 企業動向

ヤマハ発動機、ジャパンインターナショナルボートショー2014に出展
  • ヤマハ発動機、ジャパンインターナショナルボートショー2014に出展
  • ヤマハ発動機、ジャパンインターナショナルボートショー2014に出展
ヤマハ発動機は、3月6日から9日まで、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナの2会場で開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2014」に出展すると発表した。

今回は「海、とびきりの週末」をテーマに、総合マリンメーカーとして幅広いマリンレジャーの世界を提案する。

第1会場のパシフィコ横浜では、フィッシングボートのニューモデル「DFR-EX」、クルージングボート「SC-30eX」、「SR310X」などの2014年モデルを中心にプレジャーボート9モデルを展示する。

また、今回から主催者が設置する新コーナー「PWC(水上オートバイ)ワールド」には、ニューモデル「MJ-FXクルーザーSVHO」をはじめとするマリンジェット6モデル、「AR192」などスポーツボート2モデルを展示する。

海上展示となる第2会場の横浜ベイサイドマリーナでは、「EXULT 36スポーツサルーン-X」をはじめとする大型ボート3モデルを展示する。

このほか、新たに海外のホームマリーナを設置した会員制マリンクラブ「Sea-Style(シースタイル)」や、スマートフォンで学習ができる「スマ免」が好評な「ボート免許」のカウンターを設置する。同社が取り組む環境保全や安全啓発、地域・社会貢献活動等への取り組みもパネルを使って紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集