ナビタイム、タイ国内向け乗換案内サービスの提供を開始

鉄道 企業動向

「NAVITIME Transit - Bangkok Thailand」の画面イメージ。
  • 「NAVITIME Transit - Bangkok Thailand」の画面イメージ。
ナビタイムジャパンは2月14日、iOS向けのタイ乗換案内サービス「NAVITIME Transit - Bangkok Thailand」の提供を開始した。価格は無料。

タイ人とタイ渡航者向けで、言語は英語。タイ・バンコクのメトロ(MRT)やスカイトレイン(BTS)、エアポート・レール・リンク(ARL)、バス高速輸送システム(BRT)を対象としており、インタラクティブな路線図上から出発駅と目的駅をタップすると、乗り換える路線や所要時間がわかる。

乗換検索結果は最大20件まで履歴として残るほか、よく使うルートをお気に入りに登録すると、すぐにそのルート検索結果を呼び出すことができる。お気に入りは最大10件まで登録可能。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集