ホンダ、FCVから公共施設へ電力供給する実証実験を開始

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダ・FCXクラリティ
  • ホンダ・FCXクラリティ
  • FCXクラリティからいのちのたび博物館への給電
ホンダは、福岡県北九州市が取り組んでいる「北九州スマートコミュニティ創造事業」における共同実証実験として、燃料電池電気自動車『FCXクラリティ』から公共施設へ非常用電力を供給する実験を開始した。

実験では、北九州市にある「いのちのたび博物館」に、一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kWの外部給電機能を装備したFCXクラリティを使用して、非常用給電(V2L・ビークルトゥロード)を行う。

ホンダは、昨年4月より経済産業省の「スマートコミュニティー実証」事業の一環として、「北九州市環境ミュージアム」の敷地内にある「北九州エコハウス」にFCXクラリティから電力を供給し、電力ピークカットに貢献する電力平準化の新たな方法として、V2H(ビークルトゥホーム)実証実験を行っている。

今回は、FCXクラリティに積載した可搬型インバータボックスから、公共施設である「いのちのたび博物館」の10kW蓄電装置へ非常用電力を供給する。これにより、FCXクラリティの緊急時における移動可能な発電設備としての実用性に加え、災害時に避難所となる学校などの公共施設へのV2Lの効果検証を行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース