横浜ゴム通期決算…売上、利益ともに2年連続で過去最高を更新

自動車 ビジネス 企業動向

横浜ゴムは2月14日、2013年度(1-12月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高6016億2900万円(前年同期比+7.5%)、営業利益566億4700万円(+14.0%)、経常利益は595億0300万円(+13.6%)、純利益は350億0700万円(+7.3%)。2年連続で売上、利益ともに過去最高を更新した。

欧州、ロシアなどの需要低迷や各地で価格競争が激化したが、北米、中国で販売量が回復した。国内新車用は国内新車生産台数の減少により販売量は前年を下回ったが、同社装着サイズの多いエコカーの好調な販売や新規納入の拡大で増収となった。国内市販用は市場価格が軟化したものの、夏タイヤは堅調、スノータイヤは好調で過去最高の販売量を記録した。

2014年度の業績予想は、売上高6470億円、営業利益630億円、経常利益575億円、純利益375億円を計画している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集