住友ゴム、グッドイヤーから提携解消の申し入れを受領…「真摯に対応」

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業は、米国グッドイヤーから提携解消の申し入れを受けるとともに、国際商業会議所に対する仲裁申し立てがあったと発表した。

住友ゴムは、グッドイヤーと1999年にアライアンス契約を結び、欧州、北米でのタイヤ製造・販売の合弁会社、日本でのタイヤ販売の合弁会社の運営、タイヤ技術の交流促進、購買のための合弁会社を運営してきた。

今回、グッドイヤーは住友ゴムに対してアライアンス契約、合弁事業の解消申し入れと、国際商業会議所への仲裁を申し立てた。住友ゴムでは、同会議所から正式な通知を受領したとしている。

住友ゴムでは「対応を慎重に検討した結果、真摯に対応することを決定した」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集