日立と日本信号、丸ノ内線・霞ヶ関駅構内で「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の実証実験を実施

鉄道 企業動向
日立製作所と日本信号は、共同開発した「ゲート内蔵型爆発物探知システム」の実証試験を、2月18~20日まで、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線・霞ケ関駅で実施すると発表した。

実証実験では、高速で爆発物の有無を探知できる質量分析装置を内蔵したゲート内蔵型爆発物探知システムを、霞ケ関駅構内に設置する。今回の試験では、爆発物を所持していない乗客から、誤って信号を得る「誤検出」を回避する手法を開発するため、駅構内の環境データを収集する。

今回の試験は爆発物の検出を目的としたものではないため、爆発物や危険物は使用しない。

システムは、文部科学省の「社会システム改革と研究開発の一体的推進」事業の「安全・安心な社会のための犯罪・テロ対策技術等を実用化するプログラム」で開発したもの。安全・安心のための科学技術、特に犯罪・テロ対策等の技術について、関係省庁が連携して実用化を目指すプログラムとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日立、インドを拠点にアフリカ・中東諸国向け事業展開を展望 画像 日立、インドを拠点にアフリカ・中東諸国向け事業展開を展望
  • 日立など、クラウドを活用したダンプトラックなどの運行管理システムの実証プロジェクトを実施 画像 日立など、クラウドを活用したダンプトラックなどの運行管理システムの実証プロジェクトを実施

特集