スカイマーク エアバスA330-300型機羽田~福岡線に投入

航空 企業動向

スカイマークは、新たに受領するエアバスA330-300型機を、4月18日から羽田~福岡線に投入すると発表した。

スカイマークが機材にエアバスの機材を導入するのは初めてで、日本の航空会社で初めてA330型機を運航する。

A330型機には、全席に「グリーンシート」を導入し、シートピッチも38インチ(96.5センチメートル)と広いスペースを確保する。リクライニング機能も充実して、快適な機内環境を乗客に提供するとしている。

現在、機材に使用しているボーイングB737-800型機とあわせて、就航路線の需要動向に応じた機材効率を最大化することで、利用者の利便性向上に対応する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集