ヨロズ、新拠点立ち上げコスト増などで営業減益…2014年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

ヨロズが発表した2013年4-12月期(第3四半期)連結決算は、当期純利益が税金費用負担の増加で、前年同期比2.1%減の29億7600万円と減益となった。

売上高は円高是正に伴う為替換算効果もあって同18.7%増の993億6200万円と大幅増収となった。日本事業は、日産自動車向けの売上げが減少して減収となった。米州事業、アジア事業は大幅増収となった。

営業利益は新拠点のメキシコ、ブラジルの操業開始コストや、既存拠点の新車立上げ費用の発生、労務費増加の要因で同3.9%減の46億9500万円となった。経常利益は為替差益の効果で同15.0%増の59億1200万円だった。

通期業績見通しは、米国とタイの最近の状況を踏まえて修正した。売上高は前回予想より20億円増の1380億円、営業利益が5億5000万円増の77億円、経常利益が17億円増の92億円、当期純利益が10億円増の49億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集