ボーイング、フライドバイがモバイル・メンテナンス・ソリューションズの合意書にサイン

航空 企業動向

ボーイングは2月4日、U.A.EのLCCであるフライドバイがMRO中東カンファレンスにて、ボーイングのモバイル・メンテナンス・アプリケーションの一組を実施する合意書にサインをしたことを公表した。

この航空会社はメンテナンス開始時間やツールボックスのモバイル・ライブラリー、ツールボックス・モバイル・パーツなど、テクニシャンが必要とする情報へのリアルタイムのアクセスを提供するソリューションを展開し、メンテナンスの問題を素早く解決する。

フライドバイは合同パートナーとしてボーイングと近接して働き、航空会社のメンテナンス計画システムと統合される、モバイル・メンテナンス製品の機能と運用性を完成させる。

フライドバイは重大な編隊の成長の位置を確保しており、この1月にはボーイングにとって中東で最大のシングル・アイル航空機の注文を代表する、75機の『737 MAX 8』と11機の『NG737-800』、そしてさらに25機のMAXの購入権利の注文をドバイ航空ショーにて決定した。

モバイル・メンテナンス・アプリケーションは技術者に技術マニュアルやパーツ番号、在庫パーツの利用やメンテナンスの歴史、他の時間に厳格なメンテナンスの仕事に必要な情報へのモバイル・アクセスをリアルタイムで提供する。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集