カシオ計算機、インフィニティレッドブルレーシングとオフィシャルパートナー契約を2年間延長

自動車 ビジネス 企業動向

カシオ計算機は、男性向けクロノグラフ「EDIFICE(エディフィス)」が、F1世界選手権の2013年チャンピオンチーム「インフィニティレッドブルレーシング」と、2014年・2015年シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結したと発表した。

カシオでは、「インフィニティレッドブルレーシング」の若々しいイメージと勢い、技術開発力によって最速のマシンを追求する姿勢や、知性あふれるレース戦略が「EDIFICE」のブランドコンセプトに相通ずると考え、2009年からオフィシャルパートナーとして協力してきた。

今回のオフィシャルパートナー契約により、2014年・2015年のシーズン期間中、EDIFICEは「インフィニティレッドブルレーシング」のオフィシャルチームウオッチに指定される。

また、ドライバーであるセバスチャン・ベッテル氏とダニエル・リチャルド氏のレーシングスーツやメカニックスーツ、マシンのフロントノーズにカシオのロゴが入る。

カシオの中村寛常務取締役営業本部長は、「4年連続でチャンピオンに輝き、全世界で人気のあるインフィニティレッドブルレーシングと連携できることは、EDIFICEのグローバルプロモーションにとって非常に効果的」とコメントしている。

カシオは、インフィニティレッドブルレーシングの画像をEDIFICEの広告に活用するほか、コラボレーションモデルも販売する予定。全世界的なマーケティングを展開し、ブランドイメージの向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集