トライアル世界選手権、4月26日・27日にもてぎで開催

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
藤波貴久 モンテッサ(ホンダ)
  • 藤波貴久 モンテッサ(ホンダ)
  • トニー・ボウ モンテッサ(ホンダ)
モビリティランドは、ツインリンクもてぎにて、4月26日・27日に「2014 FIMトライアル世界選手権第2戦 STIHL 日本グランプリ」を開催する。

世界各国の大自然の中で繰り広げられるモータースポーツ「トライアル選手権」。ツインリンクもてぎにおいては、2000年の初開催以来、15回目の開催となる。昨年は、決勝2日目に藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)選手が地元日本で3年ぶりの優勝を飾った。今年も世界のトップライダー達による熱い戦いが期待される。

レース当日は世界のトップライダーや人気選手による「ライダーサイン会」、ライダーを招いてのトークショーや抽選会などを行う「トライアルナイト」など、イベントも多数実施される。

前売りチケットは2月8日より発売。料金は2日間通しで、大人4200円、学生(高校生以上)2000円、中学生以下は無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集