【デトロイトモーターショー14】韓国キアのFRスポーツ、GT4 スティンガー…市販版はトヨタ86やマツダロードスターを意識

モータースポーツ/エンタメ 出版物
キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー(デトロイトモーターショー14)
  • キア GT4 スティンガー
  • キア GT4 スティンガー
韓国のキアモーターズが1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14で初公開したスポーツカーコンセプト、『GT4 スティンガー』。同車の市販化について、キアのデザイナーが興味深い発言を行った。

これは英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が伝えたもの。同メディアのインタビューの中で、キアモーターズのデザイナー、トム・カーンズ氏は、「GT4スティンガーは、あくまでコンセプトカー。しかし、仮に量産することが決まれば、GT4スティンガーから大きく変わることはないだろう」と話したという。

GT4スティンガーは、2+2のスポーツカーを提案したコンセプトカー。設計は、米国カリフォルニア州のキアのデザインチームが担当した。イエローの車体は、空力性能を追求したアグレッシブなもの。

エンジンはフロントに置き、後輪を駆動するFR車。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンは、最大出力は315psを発生する。車両重量はおよそ1300kg。前後重量バランスは52対48と理想的。

ところで、このGT4 スティンガーが市販されるとすれば、どのような競合車を想定しているのか。同メディアの想定価格の問いに対して、トム・カーンズ氏は、「意識しているのは、サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)や、マツダ『MX-5』(日本名:『ロードスター』)のような手頃な価格のスポーツカー。その上で、キアのブランド価値に見合う価格設定になるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ ロードスター 次期型、ニュルで開発テスト 画像 マツダ ロードスター 次期型、ニュルで開発テスト
  • 【東京オートサロン14】限定仕様のスバル BRZ tS、ドライブシャフト大径化の効果は 画像 【東京オートサロン14】限定仕様のスバル BRZ tS、ドライブシャフト大径化の効果は
  • マツダ ロードスター 次期型…1トンを切る軽量ボディに1.5リットルターボか 画像 マツダ ロードスター 次期型…1トンを切る軽量ボディに1.5リットルターボか
  • 【東京モーターショー13】トヨタ 86 のオープンコンセプト、情熱的な赤に進化 画像 【東京モーターショー13】トヨタ 86 のオープンコンセプト、情熱的な赤に進化

特集

おすすめのニュース