【マツダ アテンザワゴン XD 試乗】ディーゼルターボ+6速MTによる極上ドライブ…島崎七生人

試乗記 国産車
マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
  • マツダアテンザワゴンXD Lパッケージ
マツダは先日の改良で、『アテンザ』のXD(と20S)にはSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)を標準装備化した。またディーゼルターボ(SKYACTIVーD 2.2)に電動スライドガラスサンルーフをオプション設定している。

また6速MT車には、BOSEのオーディオが標準化された「Lパッケージ」が追加設定された。車線変更時に便利なワンタッチ機能(レバーを軽く操作するとウインカーが3回点滅する)が組み込まれているのも見逃せない。

試乗車は、まさしく上記項目を網羅したクルマ。さらに“ディープクリスタルブルーマイカ”のボディ色も新規だ。この色は光の加減で深みと艶やかさを微妙に変化させて見せ、おなじみのソウルレッドとはまた違う同車のスタイリングの魅力を引き出す。古い話だが個人的には『ユーノス500』の“ブレーブブルーマイカ”を思わず連想した。

そして当初からのワゴンの走りのよさも再確認、いっそう磨きがかかって感じた。ディーゼルターボと6速MTの組み合わせは、低速から高速走行まで、自在に最適な動力性能を引き出しながら、クルマを伸び伸びと走らせられる。

「その後の改良は入っていない」(マツダ)とのことだが、シフト、クラッチの操作感もさらになめらかで心地よくこなれているし、ステアリングの操舵感も以前より自然に思えた。日本車/輸入車問わず、こうした、メーカー発表のニュースリリースの日付、文面だけではわからない進化の発見があるのも、クルマの面白さだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集