【デトロイトモーターショー14】SRT バイパー…蛍光ストライカーグリーンで存在感アップ[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
  • SRT「バイパー」GTパッケージ
米国の自動車大手、クライスラーグループのSRTブランドは1月12日、SRT『バイパー』の新仕様を米国で開幕されるデトロイトモーターショー14でワールドプレミアした。

SRTバイパーは従来のダッジ『バイパー』の後継車。現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンを搭載。このV10は従来通り、排気量は8.4リットル。

しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅な改良を受けており、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを引き出す。これは先代比で、40ps、5.5kgm強化された計算。

動力性能は刺激的。SRTバイパーは0‐96km/h加速を3秒以下で駆け抜け、最高速は331km/hに到達する。0‐400m加速は11秒台半ば。世界屈指の性能といえる。

デトロイトモーターショー14では、SRTバイパーに、「ストライカーグリーン」と呼ばれる新色を設定し、初公開する。2008年のバイパーに用意されていた「スネイク スキングリーン」の発展色で、非常に鮮やかなのが特徴。3層コートの特別塗装は、8時間かけて手作業で入念に仕上げたのだとか。ダッシュボードには、専用エンブレムも付く。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ、新コンセプトカーを予告…『グランツーリスモ6』とコラボ 画像 メルセデスベンツ、新コンセプトカーを予告…『グランツーリスモ6』とコラボ
  • 光岡、ヒミコ をマイナーチェンジ…ステアリングシフトスイッチを標準装備 画像 光岡、ヒミコ をマイナーチェンジ…ステアリングシフトスイッチを標準装備
  • ホンダ、ゴールドウイングの2014年モデルを発表、新色を設定 画像 ホンダ、ゴールドウイングの2014年モデルを発表、新色を設定

特集